Social Worker's Note

社会福祉士です。現場で感じたことや考えたことを発信します。

興味深い面接を行った。児童虐待について真剣に考えているのだということが分かる面接だった。こちらもそれに見合う援助者でなくてはならないと思った。


援助者よりもクライエントの方が虐待のことに詳しいという時代がやってくると確信した一日だった。