Social Worker's Note

社会福祉士です。現場で感じたことや考えたことを発信します。


 これはダメだと思いました。まずはADHDっていう設定がいりません。彼の行為障害的な言動はどう考えてもADHDが原因とは思えません。父母との関係性の混乱が背景にないとこれだけの反社会的な言動は理解できないと思います。


 おそらく監督が創造する反社会的で、創造的な青年像なのでしょうが、ファンタジーにしか思えませんでした。でも物語は極めて「リアル」な現実を扱っており、この不一致がずっと気持ち悪かったです。


 アメリカンビスタサイズの画面はとても効果的だったと思います。音楽もちょっと強すぎます。


 私は評価しません。母親の描写とかも全然甘い。

 
 ラストのダッシュで全くダメだと確認しました。『ショート・ターム』のダッシュの方がよほど現実的だと思います。