Social Worker's Note

社会福祉士です。現場で感じたことや考えたことを発信します。

自分の案件全体が見渡せるようになって、余裕を持って仕事ができるようになってきた。こういう余裕って絶対に大事だと思う。


でもいつ次に新しい案件や局面がやってくるか油断はできないから、常に臨戦態勢でいないといけない。ここの塩梅がなかなか難しい。