Social Worker's Note

社会福祉士です。現場で感じたことや考えたことを発信します。

対岸の彼女 (文春文庫)

対岸の彼女 (文春文庫)

佐藤優が推薦していたので読んでみました。『八日目の蝉』よりも好きです。高校生がどうやって大人の女性になっていくのかを、読者の頭のなかで想像させるこの説話に興奮しました。大学に入ったばかりの女子たちに読んでほしいと思った。


高校から大学くらいまでに出会った価値観で、人生の大きなメインストリームは決まってしまうからこそ、バタバタといろんなことをやればいいのだと思う。


だから子ども時代は大事なんだ。


ツイッターで、とある有名人にツイートしたら、返信をしてもらい、自然と拡散されていった。興奮したが、それでもタイムラインは流れて、興奮の泡は消えていく。それが自然な言論なんだと思う。ツイッターはやはり面白い。


まだ映画館には行く気にはならず。家で読書。一息付いて、入谷へ移動中。コーヒー豆と煮干しラーメンのために。花粉はひどい。


『麺処遊』の温つけめん。本当に美味しい。麺が固まっていること以外は完璧な味である。スープが本当にいい。満足して渋谷に戻り中。