Social Worker's Note

社会福祉士です。現場で感じたことや考えたことを発信します。

慎泰俊『ルポ児童相談所』(ちくま新書)

ルポ 児童相談所: 一時保護所から考える子ども支援 (ちくま新書1233)

 前著『働きながら、社会を変える。』が素晴らしい本でしたし、著者が代表を務めるLiving in Peaceの活動の斬新さにも感動していたので、この最新著作も読まないわけにはいきません。

 

 この著者から児童相談所や一時保護所がどんなふうに見えているのだろうかという期待と不安を感じながら読み始めました。

 

 結論から言うと、『働きながら、社会を変える。』の時のような、児童福祉の世界に飛び込み、格闘しながら書かれていた文体の新鮮さは消えており、内部の一専門家としての発信になっているように思います。

 

 別の言い方をすれば、内部の人が既に考えていることや思っていることがほとんどで新鮮さはありませんでした。ですが、今回はそれがちくま新書という大きなメディアで広く拡散されることにこの本の意義はあるのだと思います。

 

 この本では、一時保護所が安心な場所にはなっていないということが問題視されていますが、この本には一時保護所が「行動観察」の場という点がすっぽり抜けています。そういう機能があるということについての言及がないので、一時保護所を精確に論じているとは言えません。安全を確保することも大事なことですが、家庭や地域から一定期間離れることによって、その子どもの本来的な能力を見極め、家族間調整をする期間(機関)でもあるのです。それも一時保護所の大事な機能の一つだと思います。その点いついての言及がないことがまず残念な点です。

 

 児童相談所が行う相談援助のプロセスのなかで、一時保護は調査の一部であり、その期間の間、行動を観察し、援助決定に向けた調整を行っています。

 

 上記のことを理由に、ここで私は、著者が発見した不適切なケアワークが正当化されると言いたいのではありません。著者が一時保護の基本的な機能についての認識がないままに一時保護所について論じていることが残念だと言いたいのです。

 

 もう一つは、一時保護所を問題視するための根拠が、過去に一時保護所にいたことのある人のインタビューであるということも気になりました。一時保護所に連れて来られたこと自体も、当時子どもだった人にとっては大変なストレスであったはずです。そのなかで一時保護所だけを取り上げてマイナスの記憶だけを引き出し強化するようなインタビューになっていないでしょうか。当時親にも学校の先生にも児童福祉司みんなにムカついていたかもしれません。自分(著者)が得た証言だけがどうして精確なものだと言えるのでしょうか。自分がインタビューした材料(根拠)だけで一時保護所全体を語っていいのかなという怖さを感じました。この著者の取材に応じる方だけが、一時保護所の利用者だっただけではないはずです。そこも残念な点です。

 

 著者が後半で書いている政策提言については異論はありませんし、この著者本来の専門性を導入して、児童福祉の領域にイノベーションを起こしてほしいと切に願うところです。そのためにも精確な現状認識や内在的な論理の把握が必要なのではないかと思います。

 

 これは私の意見ですが、素晴らしい実務者たちはその個人だけが素晴らしいのではなくて、その組織がその人を育て、成長させる機能を持っているその結果だと思います(逆にダメな人だと言われる人も同じだと思います)。フォーカスを人ではなくて組織に当てないとこの組織の構造的な問題は見えてこないだろうと思います。この本では素晴らしい個人がいたという論調が強すぎるようにも思います。

 

 この著者が素晴らしい能力を持った方であることは間違いありません。今回はこの本の限界を指摘したつもりです。私は、この著者が自身の高い能力を少しだけ使って、児童相談所児童福祉司を経験しながらフィールドワークをして、児童相談所の内在的な論理を掴み、これまでの児童福祉の世界を一新するようなイノベーションを起こしてほしいと思いました。

 

言葉を何のために使うのか。

 

 

 

告発 児童相談所が子供を殺す (文春新書)

 

 発売直後にすぐに購入して読んだのですが、あまりに気分が悪かったので、しばらく放置しておきました。しかし、この本が放った砲弾の力をきちんと評価しておかないと今後の議論が荒くなるような気がしますので、ここで取り上げることにしました。

 

 タイトルからも分かる通り、児童相談所内部告発です。著者が勤務していた児童相談所の内部が暴かれています。内部にいた者にしか分からない世界が描かれており、ベールに覆われていた内部が明らかになったという点は積極的な評価をしておいてもいいかもしれません。

 

 一方で、著者の万能感に基づいて現場を罵倒しているだけとも言えます。自分がいかに優秀であり、それ以外の者がいかに無能であるのかという論調は読んでいて、気持ちのよいものではありません。そうやって周囲を貶めて、自分の価値を高めるという戦略自体を否定するものではありませんが、私の価値観には合いません。

 

 人間に与えられた言葉という機能は何のために使われるべきなのかということを考えさせれます。私は、言葉というのものは他の人たちと問題を共有し、一緒に取り組んだり、改善していくために使われるべきものだと考えます。自分が社会で発する言葉がどのように他者に影響を与えるのかという言葉に対する感性が弱いというのがこの著作の欠点であると思います。

 

 これは臨床の現場でも同じことです。支援者は、言葉を用いて、保護者と一緒に考え、よりよい家族関係を作っていこうとします。言葉は保護者を否定したり、貶めたりするために使うものではありません。

 

 この本を読んでみて改めて児童相談所という現場は適切な言葉で語られなくてはならないとも思いました。ここまで書いて過去の文献を思い出しました。

児童相談所はいま―児童福祉司からの現場報告 (新・MINERVA福祉ライブラリー)

 

 

 

さぼっていました。

 まったく更新していない。完全にさぼっています。ごめんなさい。

 

 言葉で伝えないと誰にも伝わらないけれども、言葉にすることの軽薄さも内在していて、どうにも継続ができません。

 

 言葉にするって本当に軽薄な作業なんだろうと思います。自分の生きているリアリティを裏切っていくような感じがしてなりません。

 

 でもそんなことを言っていたらいつまでも同じ場所に留まるばかりなので、もう少し鈍感にならないといけないのかなと思います。

 

 ああ、また独り言みたいなことを書いてしまった。

すべての人を包み込む奇跡の居場所ー重江良樹『さとにきたらええやん』


大阪市西成区釜ヶ崎にある「こどもの里」に密着!映画『さとにきたらええやん』予告編

 

 大阪市西成区は、日本三大ドヤ街の一つ釜ヶ崎を抱えている。その釜ヶ崎のなかにすべての子どもたちを包み込む居場所がある。それが今回の作品に登場する「こどもの里」である。

 

 行政上の区分をすれば、里親があり、ショートステイがあり、学童保育があり、家族相談の機能があり、子ども食堂がある。

 

 しかし、全体は部分の総和以上であり、単純な足し算をしただけでは終われない場所の魅力が画面に溢れている。

 

 このような場所は、作ろうと思って作ることができるものではない。いろんな偶然と出会いと時代の条件などが織り込まれた一つの奇跡のようなものである。

 

 私はこのような作品を「奇跡の現場系ドキュメンタリー」と命名したいと思う。

 

 最近の作品としては『隣る人』をこのジャンルに入れてもよいと思う。けっして二度と再現不可能であるからこそ、その証をきちんと後世に残していくべきだと思う。

 

 私個人は、こういう現場の内部に入ることに強い抵抗感を抱いてしまう。正直少し苦手である。距離を置きたくなってしまう。

 

 人を惹き付ける強烈な磁場というのは、強烈な求心力と同時に遠心力も働くのだと思う。私には遠心力が働いてしまった。

 

 私は少し離れた場所から、この奇跡を見つめた気がする。遠心力に絡めとられた人をも包み込んでほしいと思う。それが本当の居場所だと思うので。

 

 

 

 

絶望への微かな抵抗ー小澤雅人監督作品『月光』

 2016年6月11日に小澤雅人監督最新作『月光』が封切られました。

映画『月光』予告編

 監督が企画を立てたおよそ二年前からひそかに応援をしてきた者としても、無事に公開されたことを心から喜びたいと思います。

 

 この作品は、二つの意味で絶望的な作品です。

 

 まずは、チラシのタイトルにあるように扱われているテーマが、性被害や性的虐待という「絶望」の極みの被害者が主人公であることです。本作品で描かれる二人の女性たちの「絶望」は、今現在日本のどこかで起きているかもしれないという絶望(現実)へと繋がっていきます。

 

 次に、このようなテーマを扱った作品は、マスメディアやテレビのコンテンツとしては絶対に不可能であり、映画の興行として計算した場合には、「絶望」的な作品に違いないということです。

 ちなみに『月光』が封切られた2016年6月11日は、マスメディアが食いつくような有名女優が主演した作品が同じ新宿で封切られ、大資本によって制作された日本映画が、全国のシネコンで封切られているという事実を知るだけで、この作品が映画の世界においていかに「絶望」的であるのかが分かります。

 

 この二つの絶望のなかで『月光』は、世のなかに発信されました。

 

 では『月光』はこの二つの絶望の中に霧散してしまうのでしょうか。

 

 それは違います。監督が発信した『月光』を私たちが受け取り、受け取った者が次に拡散することで、その絶望に微かに抵抗することになるはずなのです。

 

 それは、性被害や性的虐待という絶望を知り、その現実を一つでも減らしていく力を生み出すはずですし、一人でも多くの方が『月光』を鑑賞することで、映画界に爪痕を残し、次に『月光』のような尖った作品が生み出される環境を作るはずなのです。

 

 映画館に行き、映画を観るという行為は、極めて能動的で、クリエイティブなものなのです。

 

 私たちは、絶望への微かな抵抗を繰り返すなかで、次の進むべき道を見いだしていくのだと思います。

 

 『月光』を映画館で浴びるように体験することが、次の一歩へ繋がるはずです。

 

 ぜひ劇場でご覧ください。

 

 

 

ポッドキャストを更新しました!

 ずっと応援してきた『月光』が6月11日に公開されます。今回は前夜祭的にみんなでわいわい盛り上がりました。

 

 ぜひ劇場で『月光』を観てもらえると嬉しいです。 

小澤雅人監督作品『月光』を勝手に応援します!

小澤雅人監督作品『月光』を勝手に応援します!

  • No Name Supporters
  • テレビ番組/映画
  • ¥0

 

ポッドキャスト更新しました!

 今回のゲストは、フォトグラファーの長谷川美祈さんです。

小澤雅人監督作品『月光』を勝手に応援します!

小澤雅人監督作品『月光』を勝手に応援します!

  • No Name Supporters
  • テレビ番組/映画
  • ¥0